Googleからペナルティを受け時の解除方法について

サイトを立ち上げたり、ブログを行っていく中で場合によってはペナルティを受けてしまうこともあるかもしれません。そういった場合に、どうやってそのペナルティを解除するのかや、そうならないためにどういった事を注意しなくてはいけないかについて次は話をしていきます。
主にはガイドラインに基づいて、必要なサイト運営を行って行けばまず間違いなくペナルティを受けるなんて言う事態に陥ることは有りません。それでもペナルティを受けているかもと感じた際には、まず登録時に連絡用に登録しているメールアドレスがあるはずですので、それを確認してください。全くの警告無くペナルティが執行されるというケースはほとんど皆無というほど無く、事前にもしくは執行直後にどう言った理由で審査に引っかかったのかが通知されているはずです。低評価のスパム疑いのある被リンクが多いという理由ならサーチコンソールなどを使って、該当すると思われるリンク否認を行ったり、不適切なコンテンツがあるなどの無いようなら表現や画像などのサイト改善を行ってください。特に大きなサイトに成るほど思わぬところから、被リンクを受けていることも多く、サーチコンソールでのチェックとリンク否認は小まめに行わなくてはなりません。後はガイドライン上の不適切な画像の引用など、版権に関わっての通報などは自動ペナルティレベルでも、問題が無いかチェックが終わるまで仮のペナルティを受けることがあります。
これでもしサイト改善がなされていない、あるいは自動ではなく手動ペナルティが課されている場合は、解除にもっと手間がかかります。まずGoogleのガイドラインでも倫理や法令に抵触しているものなど、後は故意的に悪質と思われるようなスパム行為、検索ワードの水増しなどは期間無制限などの重い罰則に成り可能性があり、当然期間が有りませんので、しらみつぶしにサイト改善を行いGoogleのチェック側に再審査の依頼を行わなくてはなりません。とはいえ、手動審査に引っかかるのは、例えばフォントサイズ0でテキスト上にだけ検索ワードを埋め込んで置く、検索ワードの機械的な誤魔化しや、犯罪を示唆するなどの倫理的にかなりの問題があるモノなど、悪質や故意的に行われるモノが殆どで、普通にサイトを運営・改善を行っていれば引っかかるようなことはまずありえません。もしどうしても不安がある場合には、サイトのレイアウトや情報内容を信頼できる第三者に、掲載前に目を通してもらうなどすると回避するのは容易です。