内部リンクと外部リンクの違いって何?

リンク方法には大別して、内部リンクと外部リンクというものがあります。これは自サイト内の別なページへと誘導するのが内部リンクで、それ以外の他のサイトへと誘導するのが外部リンクと呼ばれ、コンテンツを整理したり、GoogleSEOの審査や評価に来たクローラーなどの巡回をスムーズに行わせるために使うことができ、サイトを構成する上では重要な意味を持ちます。
ではどういう使い方や違いがあるかと言いますと、同じジャンルでも少し意味合いの違う内容を整理したり、キーワードとなる単語が出る度にその単語の意味をページ内の別な場所に解説しておくことで、クリック一つで飛ぶことが出来たりなど、内部リンクは自サイト内で扱っている情報の整理や最適化、ユーザーが利用しに来た際の巡回をスムーズにすることで、ユーザーが欲しい情報をより見やすくすることが出来ます。当然、多少知識があれば、その単語自体の説明が要らない人にとっては、単語が出てくる度に解説が掛かれていたら邪魔に成ってしまいます。何よりクローラーが来た際に、同じ単語や文が同じコンテンツ内に何度も置かれて居たら、無駄な水増し行為という判定の可能性もあります。何度もコンテンツ内で目にするような専門ワードなどは、こういった内部リンクでページ内を整理しておくほうが、SEOの評価を下げないことに繋がります。
次に外部リンクですがこれは他者のサイトというよりは、他のサイト、別に自分が運営している別のサイトで有れば外部リンクとなりますので、必要ならサテライトなどと接続するのも外部リンクと成ります。サイト内情報を整理して最適化する際に、取り扱っているジャンル上にたとえ話などに出したいけれどジャンル的にそんな細かくページ内で解説する者ではないとか、興味を持った人はこちらも見てくださいという程度の内容など、サイト構造上自然に配置出来ない内容が有った際に活用できます。特にアフィリエイトを行う祭には、ユーザーが欲しい情報を上手く整理することで、ユーザーはほしい情報がまとめられているサイトをリピーターとなって何度も使ったりします。サイトの構造上で不自然になってまで内部リンクに拘り、ユーザーを自サイト内に留まるように構成しようとすると、見やすさを損なってしまう可能性があります。そういう時は素直にサテライトサイトなどを作って情報を分割するか、サテライトを扱う祭にも一定の評価を受けるくらいに運営・情報更新しなくては低評価の被リンクとSEOに取られてしまいますので、更新が多く情報の多い他サイトへ外部リンクをつないだ方が、高評価な被リンクとして自サイトの評価を上げる事もあります。