中古ドメインを使用してもSEO効果が出ないのは何故?

中古ドメインを使ったのにSEO効果が芳しくない、もしくは全く実感できないという事があります。これは何故かといえば、一番の理由として考えられるのは過去にペナルティを受けていてインデックスが失効や削除されている可能性です。これは読んで字の如く、買い取った中古ドメインが現在進行形で過去に受けたペナルティのせいで、使えない状態にあるという事です。削除は最悪のペナルティでこれの状態で中古ドメインとして出されていることは有りませんが、中には過去にペナルティを複数回重ねていて、検索順位がすぐに上がらない状態のことがあります。買い取る前には必ず運用履歴を確認しておくことをお勧めします。
次に、ペナルティではないでも過去の運用履歴で低品質なページから被リンクを受けている可能性があります。これはスパムの様なGoogleのSEOとしては低評価なページからの被リンクを受けている状態で、当然それ自体が評価を下げる物の上に、中古ドメインの様なドメインパワーのある場所にある程度自動で張り付けたりするシステムが組まれているパターンが考えられます。これらはサーチコンソールの様なツールを使って、低品質なページかを判断できますので、しっかり相手サイトの状況チェックを行って駆逐する必要があります。特にこの手のサイトからのスパム被リンクはドメインパワーが多いほどその情報量も多くなりますので、こまめな対策が必要だと言えます。
次にどんなドメインパワーが有っても、それ自体がコンテンツの良さとは全く関係ありません。あくまでもドメインパワーは、GoogleSEOに対して良い影響を与えやすい物ではありますが、自分のサイトで取り扱うコンテンツが質が悪かったり、ブログで出している情報量が少なかったり内容が薄かったら、結局どんな検索順位が高い位置に最初表示されていても、ユーザーが定着しなくてはSEO効果は大きくは出ません。どんな大々的に宣伝して、お客さんを集めてくれる広告会社を使っても、実際にお店にその広告に見合う商品が無かったら、お客が定着しないという事です。
こういったように、中古ドメインを扱う祭には、先だって注意しなくてはいけない事や覚えておかなくてはいけない事、特に運用履歴からどういうドメインだったのかや過去に受けたペナルティの内容などを知っておかないと、効果的にSEO効果を引き出せないことがあります。中古ドメインを買う前には、一度新規ドメインでサイトを運営してみるなど、多少の知識を得てから扱うことをお勧めします。

サイト内検索
人気記事一覧